注文住宅・規格住宅 | HARE no ie | 湖西・豊橋 | 工務店の中村土建株式会社

カタログプレゼントカタログプレゼント

来店予約来店予約

メニューを開く

blogブログ「ハレノイエの小さな工夫」

insta

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

HARE no ie

  • 053-594-4420

    本社8:00~17:00 / 定休日 毎週土日

    オープンハウス9:00~18:00 / 定休日 毎週火・水曜日

  • 来店予約
  • カタログプレゼント

本社:〒431-0441 静岡県湖西市吉美1267-1 / オープンハウス:〒431-0301 静岡県湖西市新居町中之郷3807-5

家づくりについて

2022/08/18

欲張りキッチンを叶えるプランニング2 ― カウンターのスペース配分 ―

欲張りキッチンを叶えるプランニング2 ― カウンターのスペース配分 ― 画像

こんにちは、ハレノイエです。
今日は、キッチンのプランニング 第2回です。


▼第1回「欲張りキッチンを叶えるプランニング -キッチンの向き編- 」はコチラ

https://www.harenoie.com/blog/blog-3-c2965f

作業がスイスイ捗って自由時間が増えた!なんていう夢のキッチンのために大切なプランニングについて数回に分けてお伝えしています。
今日はカウンターのスペース配分について書きたいと思います。

▼目次

・キッチンカウンターのスペース配分
・シンク・コンロ位置は移動ができる
 

キッチンカウンターのスペース配分

はかどるキッチン、どう作ったらいいでしょう。
キッチンのカタログには、最新機能付きのシンクやコンロが大々的に紹介されています。
それを見て、この便利な機能のコレが欲しい!と1パーツごとに選んでしまいがちですが、全体的な使い勝手を考えて選んでいただけるといいなと思います。
 

作業スペースが中心

賃貸住宅にお住まいの皆さま、このスペースが狭くてストレスを感じていらっしゃいませんか?
カウンター中央の作業をするスペース。

まな板を置いて作業する他、食材やツールを並べて置いたり、盛り付けをしたり。
カウンター上では、ここが一番多くの機能をこなす場所になりますね。

賃貸住宅用キッチンで幅180cmの場合だと、

大体コンロ幅60cm、作業スペース50cm、シンク70cm前後の配分になっています。

システムキッチンを購入する時は、キッチンの形や長さをまず選び、あとはシンクやコンロ、水栓や換気扇などの機器を選んでいきます。
各パーツごとでバラバラに選択する感じですね。
ですがその中に、“作業スペースの広さを選ぶ“という項目はありません。
キッチンの全体幅からシンクとコンロの幅を差し引いた残りが、作業スペースとなります。

何品も料理を作る時は、同時進行の事も多いと思います。

そうすると作業スペースにはたくさんの食材を並べたいですよね。
単純に考えると、作業スペースは広い方が捗ります。
 

標準サイズとワイドサイズのコンロとシンク

こういった広々とした多機能なシンクが最近は人気です。とても便利そうですよね。
(LIXIL ひろびろWサポートシンク)

こちらはワイドサイズのコンロです。
(LIXIL ひろまるコンロ)

ワイドシンクを標準的な幅のキッチンに当てはめた時のサイズ感がこちらです。


寸法の書かれた図は、ワイドサイズのシンク・コンロの組み合わせです。
下にある標準サイズのコンロ・シンクの幅と比べると、どちらも15cm前後の差があります。
シンクもコンロも、ワイドな方がなんだか使いやすそうな気がしますよね。でも‥?
どのシンク・コンロを選ぶかによって、間の作業スペースの広さが結構変わってくるという事です。
標準サイズのコンロにすると、作業スペースが約7.5cm広くなり、標準サイズのシンクにして端に寄せると(次項参照)約15.5cmも広くする事ができます。なんと最大で約23cmもの差!


※この寸法はキッチンメーカーによって、またキッチン本体の形状や大きさにより変わってくるので、検討中のメーカーさんに確認してみてくださいね。
 

シンク・コンロの位置は移動ができる

実は、コンロとシンクの位置は『ずらす』事ができます。
各機能を自分が動きやすい配置にすると、満足度がUPしますのでご紹介します。
下の図をご覧ください。

コンロ・シンクを移動させる事で、両端のスペースを調整する事ができます。



例えば、標準サイズのシンクにする場合、洗いカゴ置き場をカウンター上に確保する事ができます。

(ワイドシンクの場合は移動ができずカウンター端ギリギリまでシンクがくるので、シンク内に洗いカゴを載せる感じになります。)

標準サイズ・ワイドサイズの選択とコンロ・シンクの位置ずらしを組み合わせれば、効率良く料理ができる大満足キッチンカウンターができあがりそうですね。

背面収納などにカウンタースペースが取れない場合は(家電が並んで目一杯など)、

特にこの作業スペースをよく検討してみる事をオススメします。
実際の各スペースの広さを確認しながら仕様を決定していきましょう。

最後に、ショールームで展示されているキッチンは住宅会社の基本設定よりも大きい場合もあるので、

まず全体のサイズをスタッフの方に聞いてみるところから始めると分かりやすいと思います。

今回はここまでです。
またキッチンのプランニングについて書きたいと思っています。

お楽しみに!
 

家づくりについて

お電話でのご相談&お問い合わせ

tel.053-594-4402

オープンハウス9:00~18:00 / 定休日 毎週火・水曜日